2013年09月19日

香港のクレジットカード事情を調べてきました!香港ではどのカードが使える?

香港のクレジットカード事情を、香港までいって調べてきました。

感想としては、基本、VISAカードとマスタカードは問題なく利用できそうな感じ。ただJCBカードについては、残念ながら使える場所は日本人がよく行くお店やレストランなどでしか無理そうです。一般のお店使うとなにこのカード?って感じでした。

そのため、香港に行くのであれば、日本でVISAカードやマスターカードを作っていくしかないのかもしれませんね。

尚、今、流行中の中国銀聯カードについては、香港でも問題なく使えそうでした。VISAカードやマスターカード並に使えそうですよ!

お薦めのVISAカードを作ろう

2012年06月22日

2012年の最強クレジットカードランキングTOP5

2012年上半期の最強クレジットカードランキングを1位から5位まで書いてみました。リボ払い専用クレジットカードという変則的なカードを除くと、ジャックスカードの一人勝ちのような状況といえそうです。

漢方スタイルクラブカードはもはや穴のない最強クレジットカード。年間利用額が100万円以上あるという方であれば、ザクザクとポイントが溜まっていきます。郵送によるポイント交換が面倒ですが、私もETCカードとして活用していますね。

同様にジャックスカードのリーダーズカードも秀逸。アマゾンでの利用が特にお得なので、楽天市場派ではなくアマゾン通販派の方はこちらのクレジットカードが良いと思います。

他にもたくさんのお薦めクレジットカードがありますので、是非、記事のほうも見てみてくださいね。

http://card.benrista.com/news/pickup/post9834/

2012年06月19日

コナミスポーツクラブの会費を割引してもらう方法

全国的に多数の店舗のあるコナミスポーツ。このコナミスポーツの会費を月間2100円、年間で25200円分、割引をしてもらう裏技を特集としてまとめてみました(コナミスポーツ会費削減のウラ技)。結構、しっかりと調べたつもりなので、是非、ご覧ください。ちょっとしたライフハックとして利用できると思います。

このようにクレジットカードには隠れた魅力があることも多いですね。他にもエクスペディアの割引が受けられたり、美容院のアースで割引が受けられたりするクレジットカードもあるので、そういったカードについても徹底調査をして、記事にできればと思っています。

2012年06月14日

楽天カードの海外旅行保険が徹底的にわかるまとめを執筆

楽天カードの海外旅行保険が徹底的にわかる記事を書きました。たぶん2012年6月現在、インターネット上で一番詳しい記事だと思います(是非、読んでみてください)。

ただちょっとニッチな記事すぎて、ツイッター等で告知してもあまり広がりはありませんでしたね^^;。そのあたりを覚悟で書いたものの、ちょっとだけガッカリしてたりもします。

引き続き楽天カードにかぎらず、インターネット上で一番詳しい記事を提供し続けられるように、日々の調査&取材を頑張りたいと思います。

楽天カードの海外旅行保険が徹底的にわかる記事
クレジットカードの基礎知識

2012年05月30日

年間節約金額が1000円未満なら、そのカードを解約してしまう

エネオスカード、シナジーカード出光まいどプラスカードなどなど、様々なガソリン系クレジットカードが存在しますが、実際、家計において使うガソリン代なんて、年間せいぜい10万円〜20万円くらいですよね。

それにもかかわらず今日はエネオスが安いからエネオスで給油し、毎週土日はエッソが安いからシナジーカード…といったような使い方をしていると、どのクレジットカードも対して節約できない…なんてこともあるかと思います(見事に分散してしまう)。

いくら年会費無料のクレジットカードであったとしても、年間に節約できる金額が1000円未満だとしたら、それらのクレジットカードの維持管理にかける時間のほうが割高になってしまうので解約も検討したほうが良いと思います。できる限りガソリン系クレジットカードを使う場合には、特定のガソリンスタンドで必ずつかう…といったクセをつけないと、結局、がんばるだけ無駄になってしまいますからね。

細かい節約は敢えて捨てることも大切ですよ。

2012年05月25日

クレジットカードには盗難保険があるので安心

国内で発行されているクレジットカードには盗難保険が必ずといっていいほどついています。

この保険があるおかげで、例えばクレジットカードを盗まれて悪用されてしまった場合でも、財布ごと落として使われてしまった場合でも、インターネット上で番号流出が起きて知らない誰かに悪用された場合でも、あなたの負担額は0円で済みます(盗難保険の申請手続きをした場合)。

そのため、個人的にはこの保険があるおかげで、クレジットカードは現金よりも安全だと感じます(現金は落としたらまず戻ってこないため)。

クレジットカードを是非、みなさんもこの機会に作ってみてくださいね。

お薦めのクレジットカード
盗難保険の解説はこちら

2012年05月18日

ゴールドカードとかプラチナカードとかの話

ゴールドカードって最近じゃどのクレジットカード会社でも発行するようになりましたよね。信じられないかもしれませんが、バブル当時はアメリカン・エキスプレス・カードくらいしかゴールドカードを発行していない時代があったくらいなのに、今では日本におけるゴールドカードの種類だけでも100種類以上はあるのではないでしょうか?そうなんです。もはや誰でも持てるのがゴールドカードといえますね。

ではゴールドカードよりも格が高いといわれているプラチナカードはどうでしょうか?こちらもだいぶ、プラチナカードを発行するカード会社が増えてきたことにより、汎用的になってきたように思います。あんまり珍しいカードではないですよね。

今後は更に多くのクレジットカード会社がブラックカード発行へと動き始めると思います。VISAインフィニットカードやワールドマスターカードといったクレジットカードが増えていくものと思いますので、興味があるという方は是非、今からプラチナカードを保有しておいて、利用実績を磨いておいてみてくださいね。やはり実績がない方には残念ながらインビテーションは届きませんよ。

おすすめのクレジットカードを作ろう

2012年05月17日

クレジットカードには隠れた利点が多数

クレジットカードは買い物しかできないとか、買い物でポイントが貯まるのが魅力だ!なんて思っている方は多いのですが、実は他にも隠れた利点というものがたくさん存在します(隠れた利点のまとめ)。

もちろん、年会費無料で作れるようなクレジットカードは、基本的に買い物機能しか付いていないようなものも多いため、なかなかそういった隠れた利点の恩恵を受ける機会というのは少ないかもしれません。しかし、クレジットカードを使いこなせるようになると、思わぬところでカードを持っていることに感謝することも多くなっておりますので、是非、使う機会が少なくても、そういった利点について勉強してみると面白いと思います。

特にJALパックやびゅうなどのパッケージ旅行の割引については、知らない方が多いです。街頭などにある旅行代理店で買うよりもむしろ、クレジットカード会社を通して購入したほうがお得なケースのほうが多いので、是非、自分が持っているカードにそういった割引サービスはあるのかどうかを、チェックしてみてくださいね。

最新クレジットカード比較情報
おすすめVISAカード比較

2012年05月12日

スタバの独立店ではサインレスでクレジットカードが使える

カフェ好きの方ならよく行くであろうスターバックス・コーヒー。このお店、実はどこにもクレジットカードのマークが表示されていないのですが、VISAカードJCBカードといったクレジットカード払いが可能です。

特にお薦めしたいのが街の中やパーキングエリアなどに建っている独立店。このスタバでクレジットカード払いをすると、ほとんどのケースでどうやらサインレス決済が可能なようです。要するにサインや暗証番号無しでクレジットカード払いが出来るので、支払いもかなりスムーズ。

逆にデパートの中やどこぞの施設の中に入っているスタバの場合には、なぜかサインレス決済が出来ないことが多いです。不思議な感じですね。今度、スタバに直接電話をして、確認してみたいと思います。

お薦めのクレジットカード情報

2012年04月21日

中国銀聯カードは日本国内で発行可能

2012年、世界の発行枚数ナンバー1になった中国銀聯カード(別名ユニオンペイ)。この国際ブランドが付いたクレジットカードは、今や日本でも発行可能となっています。

例えばMUFG銀聯カード。国内クレジットカード大手の三菱UFJニコスが発行している銀聯ゴールドカードで、なによりゴールドカードであるということに魅力があります。

他にも三井住友VISAカードなども銀聯カードを発行していますので、中国に長期で滞在する予定があるという方は、早めに銀聯カードを入手してみてくださいね。

お薦めクレジットカード一覧

2012年04月14日

海外でのクレジットカード事情をまとめたカテゴリ

海外でのクレジットカード事情をまとめたカテゴリを新設してみました。まだまだちょっと情報が足りませんが、シンガポールやアメリカ、ハワイといった地域の情報をまとめてみたつもりです。

今後も実際に海外に行き、現地の様子を見た上でまとめていきたいと思いますので、生の声をうまくお伝えできれば幸いです。特に海外は日本と勝手が違うので、事前に情報を仕入れてから行くことが大切ですよ。

海外のクレジットカード事情

2010年09月18日

クレジットカード情報更新中

だいぶこのサイトの更新をサボってしまっていますが、メインのクレジットカード比較サイトでは、常にクレジットカード情報を更新していっています。

新しいクレジットカードの情報、ポイントが貯まりやすいクレジットカードの情報、ETCカードの知識などなど、暮らしの節約に役立つ知識が満載となっていますので、是非、お時間がある時に覗いてもらえると嬉しく思います。

また、実際にみなさんから集めた声を紹介しているクレジットカード口コミ集についても、非常に内容の濃い投稿が集まっていますので、こちらもあわせてご覧いただければと思います。

2010年06月16日

クレジットカードの入会キャンペーン情報が豊富

入会で5000円分のポイントが貰えたり、1万円以上の商品券が貰えるといった、クレジットカードの入会キャンペーン情報を大幅に更新しました。サイトリニューアルにより、今までよりも一目瞭然でどのキャンペーンがお得なのか?までわかるようになったため、ちょっとしたお小遣い稼ぎの入会を検討している方にも役立つと思います。

クレジットカードの入会キャンペーンは、改正貸金業法の影響が落ち着いてきたこともあり、今、高騰しはじめています。申込をするなら良い機会だと思いますので、クレジットカードが欲しいという方は是非、この機会に申込をしてみてくださいね。かなりお得ですよ。

クレジットカードの入会キャンペーン情報

2007年07月15日

ワールドマスターカード マスターカードの上位カード

2006年末に誕生したSBIカードには通常、レギュラーカード、ゴールドカード、プラチナカードの3種類が用意されているのだが、実はこの3種類の他、つまりプラチナカードよりも上位クラスのカードがあるらしい。


マスターカードの上位クラス ワールド:
その名前は「ワールド」。世界的にはマスターカード(MasterCard)の上位クラスのクレジットカードにだけ与えられる名称とのこと。

ワールドと呼ばれるすべてのクレジットカードがそうなのかどうかは未確認だが、SBIカードのワールドは黒い色をしているため、ブラックカードに属する一枚と考えても良いと思われる。


VISAカードにも上位カード有り VISA infinite:
ちなみにVISAカードにも実は上位カードがあり、VISA infinite(ビザ インフィニット)と呼ばれているのだが、こちらはまだ日本では発行されていないとのこと。発行されるようになったらまたちょっとした話題になるはずである。


SBIワールドマスターカードを手に入れるためには?
SBIワールドマスターカードを手に入れる方法はSBIプラチナカードを手に入れること。プラチナカードを手に入れて利用実績を作ると、インビテーション(招待状)がSBIカード側から届くとのことなので、ワールドマスターカードを狙っている方は是非、挑戦して欲しい。



参考リンク:
SBIカードの申込は今すぐこちらから

2007年05月07日

クレジットカードのスピード発行とは?

ほぼほとんどと言って良いと思うが、大抵のクレジットカードの場合、申込してからクレジットカードが手元に届くまで最低でも2週間以上の時間がかかる。対応が遅いクレジットカード会社の場合、1ヶ月以上もの時間がかかる・・・なんてことも少なくはない。

特に急いでいない場合にはこれはこれで問題ないのだが、例えば来週から急遽海外旅行が決まった場合や、支払いがクレジットカードでしか出来ない場合など、すぐにクレジットカードが欲しい場合には、これでは困ってしまうこともあるだろう。そんな時に役立つのが一部のクレジットカードで行われているスピード発行。



スピード発行とは?
もうスピード発行と聞けばなんのことだかすぐにわかるとは思うが、簡単に説明すると、クレジットカードのスピード発行とは、クレジットカードを通常よりも早く発行してくれるサービスのこと。街頭で即日発行をしてるクレジットカードがあれば早い場合で即日、クレジットカードを手にすることが可能。インターネットを通して申し込んだ場合でも、シティクリアカードなどのように翌日にクレジットカードがとどく・・・なんて場合もあるので、うまく活用してみると良いだろう。

とにかく急にクレジットカードが必要になった!なんて場合などに、是非、活用してみて欲しい。

即日発行可能なクレジットカード
スピード発行可能なクレジットカード

2007年04月24日

iDを利用した感想 使い勝手と店舗での対応

当サイトを運営しているということと、個人的にも興味があって携帯電話にテレビCMでも有名な電子マネー iD(アイディー)を登録して使っている。しかしざっくばらんに言うと、このiD、現状では使い勝手が非常に悪いというのが素直な感想である。



iD利用可能店なのにiDがうまく使えない:
そもそもiDの特色には簡単に素早くカード決済が出来るというものがあるのだが、コンビニ利用以外の場合、大抵、iDで支払いをしようとすると、もたつく。相対的にまだまだ使う人の数が少ないためだとは思われるが、それでももの凄く不慣れなケースが多く、素早く払うどころか、普通にクレジットカードを使うよりも時間がかかるケースのほうが多くなっているのだ。



例えばこんなことも:
例えば「iDで。」というと、あからさまに嫌な顔をされたりするケースも多い。他にも奥からごそごそっとiD利用マニュアルを持ってきて、マニュアルを読みながら対応してくれるケースも(これが一番多い)。「店長〜店長〜」と店長をわざわざ呼びにいって対応されるケースなんかも過去にはあった。

その中でも一番ひどかったのが、設定がうまくいかず、10分以上も待たされたケースも。普通にクレジットカードを渡して決済してもらっても、2分もかからないのだから、「素早く支払いが出来る」とはよくいったもんだと思ったくらいである(この他にも5分くらい待たされるケースは多い)。

また、過去に2回ほど、「あなたが当店で初めてのiD利用者です」と言われたことがある(^^;)。



利用出来る場所は増えてきている印象:
それでもiDを利用出来る場所は増えてきている印象を受ける。まだまだ設置ばかりに目がいってしまい、利用にまで目が向いていないのだとは思うが、今後はきっとiDの利便性向上に動いてくれるはずなので、そのあたりに期待したい。

色々と文句は書いたが、個人的にも非常に便利だと思っているiD。クレジットカードにおける少額決済が世の中に根付いていくためにも必要なものなので、1個人ではあるが、積極的に使い続けていこうと思う。

2007年04月14日

国外に持っていきたいクレジットカードは?

海外旅行や語学留学に行くのだけれども、どんなクレジットカードを持っていったらいいのかわからない・・・なんて悩みがある方も多いはず。ここでは簡単にではあるが、どんなクレジットカードを持って行くべきかを書いてみたいと思う。



やはり本命はVISAとMasterCard:
やはり海外に持っていくクレジットカードの本命は、VISA(ヴィザ)かMasterCard(マスターカード)の世界2大ブランドがついたクレジットカードだろう。出来ることならそれぞれのブランドがついたカードを2枚、持っておくと言うこと無し。というのも、場所によってはVISAしか使えなかったり、Master Cardしか使えなかったりするためだ。2枚持っておけばどちらでも利用出来るので融通が利くだろう。



海外旅行傷害保険がついたクレジットカードも必須:
ただVISAやMasterCardがついたクレジットカードを海外に持参するのも芸がない。そこで大事になってくるのが、海外旅行傷害保険がしっかりとついたクレジットカードを作ること。

例えば縁起でもないが飛行機が落ちてしまった場合や、海外で車に引かれて死んでしまった場合などでも、この海外旅行傷害保険のついたクレジットカードさえ手元にあれば、数千万円の保険が降りる。他にもホテルでお湯を出しっぱなしにしてしまい、下の階に水漏れを起こしてしまった場合や、高級ショップで展示商品を壊してしまった場合の損害もこの保険にさえ入っていれば補償される。もちろん海外で病気になって長期入院してしまった場合や、家族が海外までお見舞いに来る場合の救援者費用も負担してくれる場合もある。

それではどんなクレジットカードがその海外旅行傷害保険がついているのかというと、オリコカードのアプティや楽天カードなど。しかもこれらのカードの場合、年会費無料、つまり無料で発行できるクレジットカードであるにも関わらずこれらの保険が無償で自動付帯しているのでオススメだ。


是非、参考にしてみて欲しい。

国外でのクレジットカード利用について

海外でクレジットカードを使う場合にはどうすれば良いか?実はそれは非常に簡単。日本と同じようにクレジットカードを出すだけで利用できる。

しかも英語の出来ない日本人にとって非常に都合が良いことに、海外では支払い方法を聞かれることは無い。というのも、カードによって一括払い専用だったり、分割払い専用だったりするためで、わざわざレジで聞く必要性がないのだ。一括払いは英語でなんていうんだろう・・・とか、分割にしたいけどどうやったらいいのか・・・なんて悩みもこれで解消するはず。

尚、日本で発行したクレジットカードは大抵一括払い専用かリボ払い専用に設定されている。下手をすると高い金利の取られるリボ払いで固定されている場合もあるので、海外旅行をする際には事前にカード会社に連絡をし、どちらの支払方法になっているか確認しておいた方が良いだろう。必要であれば1括払いに変更しておくこと。



クレジットカードのサインの仕方:
使い方ももちろん簡単。カードを出せば日本と同様に店員が端末にカードを通してレシートを出してくるので、そこにサインをするだけ。時々レシートではなく、液晶画面に向けてサインさせられる場合もあるが、客側でやらなくちゃいけないことはサインだけなのでどんな時でもサインの準備をしておけば良いだろう。

スーパーマーケットやホームセンターなどでは、客側でカードを通さなくてはいけない場所もあるが、わからない顔をしていると店員が勝手にこっちも通してくれるので安心して欲しい。



為替レートは使用時のレートを適用:
クレジットカードを海外で使うときに、どうやって現地通貨を日本円に変えるのだろうか?と思われる方もいるかもしれない。実はクレジットカード使用時の為替レートを元にアメリカならドルに、中国なら元に・・・と、自動的に交換してくれるのだ。そのため、どうしてもクレジットカードが使えないような場合のために少額の現金を持っていく必要性はあるが、わざわざ海外旅行に行く際に大金を両替して持っていく必要性もクレジットカードさえ持っていればないのだ。

また気になる換金手数料も非常に安く設定されているため、クレジットカードの場合は良心的である。


このように海外旅行にいくなら、必ずクレジットカードを持参すべきだと思う。もしまだ1枚もクレジットカードを持っていない場合には、お得なクレジットカードから選んでみてほしい。

スキミング犯罪は怖くない

良くニュースで聞くことが多いと思われるスキミング犯罪。どんなものなのかを簡単に説明すると、クレジットカードの磁気情報をスキマーと呼ばれる読みとり機具で読みとり、全く同じカード情報が含まれたカードを複製してしまうというものである。

こういったものを聞くとどうしても「クレジットカードは怖い」なんて思われてしまうかも仕方ないところだと思う。レストランや販売店などでクレジットカードを店員に渡した隙にカードの磁気情報を読みとられ、悪用されてしまう可能性があるのだから誰でも遭遇する可能性のある犯罪がスキミング犯罪と言えるだろう。



実際、スキミング犯罪は怖い?
しかし、実はスキミング犯罪もあまり怖いものではないということも知って欲しい。というのも、クレジットカードには不正利用された時の盗難保険が自動的についており、利用者に明らかな落ち度がない場合には、不正利用分を全額補償してくれるからだ。

もし不正利用を見つけた場合の対処法としては、カード会社に「これは使った記憶が無い。不正利用されたかもしれない」と相談するだけで良い(カード会社によって例外もあると思われるので、カード会社に問い合わせ必要)。これだけで届け出をした日からさかのぼって60日、届け出をした後60日以内に使われた不正利用も全額補償される。



サイフを落としてしまった二人のケースで比較
例えばサイフをうかつにも落としてしまった下記二人のケースで比べてみよう。

現金主義のAさん:
現金10万5000円入りのサイフを落としてしまった。サイフは結局見つからず。

クレジットカードをよく使うBさん:
現金5000円とクレジットカード3枚が入ったサイフを落としてしまった。後日、10万円の不正利用が発覚。

どちらも実質、サイフを拾った人に10万5000円を使われてしまったことになるのだが、もちろん後者のBさんは、10万円の不正利用をカード会社に連絡し補償してもらうことが出来る。そのため、結果を比較すると現金主義のAさんは10万5000円無くしてしまったことになるが、クレジットカードをよく使うBさんは5000円の損失で済んだことになる。この差は非常に大きいと言える。



注意点も忘れずに
但し、クレジットカードの裏側に暗証番号を忘れないように書いておいたり、利用明細書を確認せずに不正利用を60日以上も放置してしまったり、明らかに第三者に利益供与するためにカードを渡したりするのはもちろん補償の対象にはならない。逆に言えばそういった明らかな利用者側の落ち度がない限りは全額補償してくれるので、非常にありがたい保険だと言えよう。こういったところもカードは守られている安心出来る支払い手段なのだ。

高額品とクレジットカード限度額の関係

例えから始まってしまって申し訳ないだが、下記のようなケースの場合、クレジットカードを使うことが実は出来ない。

手持ちのクレジットカード2枚:
限度額50万円のカード
限度額30万円のカード

買いたい高額商品:
液晶テレビ65万円

一見、手持ちのクレジットカードの限度額合計が80万円なのだから、65万円の液晶テレビは購入できそうに思うが、実際には1つの買い物で使えるクレジットカードは1枚まで。こっちのカードで50万円払って、こっちのカードで残りの15万円を払う・・・なんてことは出来ない規約になっているのだ。

数年に1度くらいはこういった高額な商品を買う機会があるにも関わらず、せっかくの節約チャンスでクレジットカードを使えない・・・なんてことにならないように、高額商品の購入の仕方は覚えておこう



限度額以上の高額商品購入の仕方:
・一番簡単なのは、限度額を一時的に上げて貰う方法(こちらを参照)。カード会社がもし承諾してくれれば問題なく購入可能。

・例えば高級ソファーと高級ベッドの2つを購入する際などには、ソファーはソファーで支払い、ベッドはベッドで支払うようにする。他にも高級テレビとテレビ台を一緒に買う場合でも、別々に購入するなどで一度に使うお金を分散することも可能。

・お店の人に協力してもらう。お店側としても出来る限り購入してもらいたいわけだから、ある程度は協力してくれる。


是非、参考にしてみて欲しい。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。 すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。 当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。 ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に! 海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。 買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。 買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。 入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう。

お薦めクレジットカテゴリー

お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。 当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。 年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。 大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。 ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。 携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。 楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

初めてのクレジットカード入門 クレジットカード申込から手元に届くまで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。