2007年01月28日

フレックスパートナー制度でマイルを貯める

ANAの場合は事前に登録手続きが必要だが、ANA、JALともに飛行機のオーバーブッキング(座席以上の席を販売してしまうこと)発生時に次の飛行機に変更するとマイルをもらえるフレックストラベラー制度を設けている。簡単に言えば、「もう席がいっぱいなので、誰か次の便で良いという方がいれば、お詫びにマイルをあげますよ」という制度である。

この制度がなにより魅力的なのが運良く(?)この状況に遭遇出来るとお詫びにと7500〜15000マイルを無料で貰うことが出来るのだ。これは急いでいないのであれば是非とも活用したいところである。

但しマイラーの意見を聞いてみると年に50回以上飛行機に乗る方でもそうそうお目にかかれるものではないそうだ。運良く遭遇出来たとしたらラッキーという程度に思うようにしよう。

参考:
ANAのフレックスパートナー登録は、ANAマイレージクラブの会員専用機能から登録可能。

マイルを貯める航空会社を1社に絞る

無料航空券を手に入れるために必要な最低マイルはだいたい15000マイルから。夫婦そろって旅行にいこう、っていう場合には、30000マイルが最低でも必要になる。これって普通に集めているだけだと正直しんどいくらいのマイル数になる。

それにも関わらず、マイルをJALでもANAでも貯めようとトライする「勇者」がいるが、これはそれなりの高所得者でなければ自殺行為になることが多い。「ANAで8000マイル貯まって、JALでは7000マイルが貯まったけど、無料航空券に交換することが出来ないっ!」なんてことになる場合があるからだ。しかも日系航空会社のマイルには有効期限もあるので、なかなかたまらない場合は、下手すると有効期限が来てせっかく貯めたマイルが無効になってしまうこともある。こんな悲惨な状況にならないよう、出来る限りJALかANAのどちらかのマイルのみを貯めるようにしたいところである。

飛距離を稼ぐために経由便を使う

マイルをより多くためるには、より遠い所に行けば良い。大阪よりも福岡、韓国よりもシンガポールに行った方が貯まるのだ。もちろん距離に応じて航空券の値段が上がってしまうわけだから、それに応じて付与されるマイルが増えるのは至極当たり前と言ってもいいだろう。

つまりはマイルを貯めるには飛距離を稼げばいい、ということである。そのため、もし時間が十分にある場合や、飛行機が苦ではないという方は、同じ場所にいくにも、経由便を使って目的地に向かうというのも一つの方法である。というのも、経由をうまく行えば、直行便と同じ航空料金で済むからだ。経由をするということはその分だけ余分な所に移動するということ=距離が稼げる。これにより貯まるマイルも直行便よりも若干ではあるが貯めることが出来る。

まぁ正直なところ、飛行機があまり得意ではない私には苦痛でしかないので、こういった遠回りして儲けるような方法は実施する気にはならないのだが、もし飛行機がへっちゃらで時間も十分にあるぞっ!って方には一つの手段になるマイルの貯め方である。

陸マイラーになろう!

陸マイラーとは、飛行機に乗らずにマイルを貯めるマイラーのこと。陸と書いて、「おか」と読むのが通(笑)。陸マイラー専業ではなくても、マイルを貯める効果的な方法は、空ではなく陸で行うものが多い。そのため、マイルを貯めたいのであれば、飛行機に乗った時よりも、陸でマイルを貯める方法や裏技を知ることが一番である。

簡単に分類するのであれば、陸でマイルを貯める方法としては、
1.クレジットカードを効果的に使う
2.提携企業を利用する
3.電子マネーを使う
の3種類が主なものになるだろう。

このサイトでもこの3種類のマイルの貯め方を多数、紹介していくので、是非、読んで欲しい。

マイルはどうやって貯まる?

基本となるマイルの貯め方は至って簡単。航空会社のマイレージ会員になってその航空会社の飛行機に乗れば良いこと。そうすれば飛行距離に応じてマイルが付与される。

マイルとはマイルとは?の項目でも説明したが、アメリカで主に使われている距離の単位である(1マイル=約1.6km)。そのため、例えば羽田から沖縄まで飛行機を使って移動すれば、その距離(マイル換算された距離)に応じて、マイルが付与されることになる。

マイル獲得例:
羽田←→沖縄(往復) 1968マイル
成田←→ニューヨーク(往復) 13474マイル
※エコノミークラスの正規料金を利用した場合。

だいだいJALもANAも15000マイルから無料で航空券と交換が可能なので、海外旅行にそれなりに行く人であれば、簡単にマイルを貯めることが可能となる。しかしながら、格安航空券や割引サービスを利用して飛行機に乗ると、最悪、マイルが一切付与されないケースもあるため、注意が必要だ。

目的から選ぶクレジットカテゴリー

タイプ別クレジットカテゴリー

これから初めてクレジットカードを作るという方にぴったりのカードを紹介するカテゴリ。安心の大手クレジットカード発行のものを中心にまとめています。 すぐにクレジットカードが欲しい!という方にお薦めのカードを紹介するカテゴリ。発行が早いカードの場合には数日以内に郵送されてくるものもあります。 当サイトとしてお薦めしたいクレジットカードをまとめたカテゴリ。どのカードを選んで良いのかわからない方は是非、お薦めから選んでみてください。 ゴールドカードやプラチナカードといった、高所得者向けのクレジットカードを紹介するカテゴリ。サービスや特典でクレジットカードを選びたい方に! 海外での利用に強いクレジットカードをまとめたカテゴリ。海外旅行や海外出張などに行く場合には是非、これらのカードを1枚作っておくと安心できますよ。 買い物でマイルが貯まるクレジットカードを紹介するカテゴリ。マイルで無料旅行に行きたい!という方は是非、このカテゴリのカードを作ってみてください。 買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介するカテゴリ。とにかくポイントを貯めたい!という方にお薦めのカードを取り揃えています。 入会で商品券やポイントなどの特典が貰えるクレジットカードをまとめたカテゴリ。せっかくクレジットカードを申し込むなら特典も同時に貰ってしまおう。

お薦めクレジットカテゴリー

お薦めのETCカードを作ることが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。ETC利用時のポイント還元率が1%以上のETCカードを中心に紹介しています。 当サイトがお薦めするVISAカードを徹底的に紹介するカテゴリ。日本国内での利用はもちろん、海外での利用にも強いVISAカードは節約のためにも必携です。 年会費無料で持つことが出来るクレジットカードを集めたカテゴリ。クレジットカードを持つために1円も費用を払いたくない!という方にお薦めです。 大学生や専門学校生といった学生でも発行することが出来るクレジットカードを紹介するカテゴリ。学生はこのカテゴリからカードを選んでみてください。

家庭の節約強化クレジットカードカテゴリー

電気代やガス代などの公共料金の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。公共料金支払いのポイント還元率が1%以上ものを集めています。 ガソリン代の節約に向いているクレジットカードを集めたカテゴリ。仕事で車を使う方やドライブが趣味な方は、カードを変えるだけで大きく節約できます。 携帯電話料金の節約に強いクレジットカードを集めたカテゴリ。ドコモやauといった携帯料金支払い時のポイント還元率が1%以上のものを紹介しています。 楽天市場やアマゾンといった通販サイトでの支払いに強いクレジットカードを集めたカテゴリ。通販利用時のポイント還元率が1%以上ものを紹介しています。

クレジットカード初心者の方へ

初めてのクレジットカード入門 クレジットカード申込から手元に届くまで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。